ARTIST STATEMENT


I was born in the city of Hiroshima where in 1945 the nuclear bomb was dropped on a human population for the first time in human history. This bomb instantly destroyed lives of about 140,000 citizens.

When I was young, my grandparents, who were atomic bomb survivors, told me the story of the atomic-bomb event.

From that experience, I chose to seek peace; opposing nuclear weapons and wars and conveying the memory of Hiroshima through art.

Because humankind tends to repeat the same mistakes and forget the past, a lot of nuclear weapons still exist in the world, and nuclear modernization is proceeding. The world, including Japan, hasn’t learned from the tragedy of Hiroshima and Nagasaki.

To pray for peace, many thousands of paper cranes are delivered each year to Hiroshima from around the world. Since the paper cranes are symbols of hope for world peace, the abolition of nuclear weapons, and the opposition to war, I use the paper cranes and the ash as the material of my work. Some paper cranes are burn in a sacred temple since there’s not enough space to keep all of them.

We should never repeat the slaughter and destruction of nuclear weapons.

I want to express the hope that humankind can live peacefully on the earth.


私は、広島市で生まれた。

広島市は、世界で初めて核爆弾が投下され約14万人の市民の命と共に一瞬にして破壊された街だ。

私は、被爆者である祖父母に当時の話を聞いて育った。

そんな経験から、私は芸術によって原爆により破壊され復興し、再生していったヒロシマの記憶を伝え、

核兵器や戦争に反対し、平和を希求することを選んだ。

それは、人類は同じ過ちを繰り返し、過去を忘れていく生き物だからだ。

未だに世界には多数の核兵器が存在し、核の近代化が進んでいる。

日本を含む世界は、ヒロシマやナガサキの悲劇から未だ学んではいない。

平和を祈るために、世界中から折り鶴が広島へ届けられている。

その折り鶴には、世界平和、核兵器廃絶、戦争反対などの希望が込められている。

それゆえ、折り鶴や折り鶴の焼却灰を作品に使用している。

ヒロシマやナガサキのように、核兵器による殺戮や破壊を二度と繰り返してはならない。

人類が地球上で平和に生きていく喜びを伝えていきたい。


まだ記事がありません。