ARTIST STATEMENT


The theme of my art is the dual nature of humans.

I am a grand child of atomic-bomb victims who were born and grew up

in Hiroshima city where was destroyed by the atomic bomb, and restored.

To pray for world peace, many thousands of paper cranes kept delivering

to Hiroshima city each year from around the world after the war.

As materials of my art, I reuse the thousands of paper cranes and

the incinerated ash under the permission of Hiroshima-city.

For me, thousand paper cranes depict life and peace. 

On the other hand, the incinerated ash of paper cranes depict death and destruction.

Through using them as material, I aim to express a human being between life and death, destruction and regeneration (rebirth), lightness and darkness, good and evil.

I think about which path humans will take in the era of global fragmentation.


原爆により破壊され復興した街、広島で生まれ育った私にとって、

平和公園に届けられる千羽鶴は、小さい頃から見慣れた物体であった。

その物体は、国内外から大量に届けられる。主には核兵器廃絶や世界平和を願うために。

さて、過去を振り返ってみよう。

戦後74年間に、核実験は地上と大気中で数千回行われ、威力を増した核兵器は小型化、

終わらない戦争・テロリズム、地球温暖化などの環境破壊、人種差別に性差別、自国第一主義による世界の分断化。

人間は平和を願う一方で、戦争や破壊を行う。この矛盾した二面性が私たち人間の中には存在する。

この地球に生まれてから死ぬまでの間に、私たちは一体、何を残すのか? 

無数の生物の死骸、汚染された大地、自然に還らぬ廃棄物、高温度、数万という核兵器なのだろうか?

一体、人類はどこへ向かいたいのだろうか?


まだ記事がありません。